ちっぽけなことたち
<< ROOKIES main 下北沢さんぽ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
魔女の宅急便
ちいさいころは
かみさまがいて
不思議に夢を
かなえてくれた

優しい気持ちで
目覚めた朝は
大人になっても
奇跡はおこるよ           (「やさしさに包まれたなら」より)



夢なのか現実なのかわからないような夜を海で過ごして
朝、始発で帰宅する。
プールからあがったあと服を着たときのような
ほっとするような
体中の力が抜けるような
心地よい疲労感に包まれて眠る。

ボーとしたままうけた午後の講義で
観たのは
「魔女の宅急便」。

…ぶわぁ…
涙が出る。
気がついてあわててぬぐう。

今日
気がついた。

心が寝起きのまま
「魔女の宅急便」をみると

涙が出るくらい

優しさにつつまれる。


- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://magokororon.jugem.jp/trackback/80
trackback